韓国(釜山→Seoul)旅のまとめ

韓国(釜山→Seoul)編

食べ物

 食べ物の物価は日本とあまり変わらないように感じる。おおよそ安くて6000ウォン(600円)から。ソウルの観光地周辺は8000、9000ウォン(800,900円)と一気に跳ね上がる。

私のオススメは「クッパ」豚骨スープに豚の頭の肉がゴロゴロ入ったスープ料理。最初は熱いが、ちょうど良いくらいに冷めてくると、ご飯をいれて雑炊のようにして食べる。韓国の人は、「クッパ」を朝ごはんや、酒を飲んだ次の日などに食べるらしい。(写真は豚の腸に、野菜や肉を詰め込んだソーセージのようなもの。美味い!)

ぜひ一度はキムチにも挑戦してほしい。確かに日本の「キムチ」は甘かった!と感じるはずだ。あまり辛いモノを食べすぎるとおなかを壊す人もいるので食べすぎ注意。

韓国は屋台が多い。店先にはおいしそうな料理が並んでいるが、たいていそれらは冷えている。アメリカ人のニックは冷たいソーセージを選んでしまって「Fack!」と叫んでいた。あまりお勧めできない。(安いけど)

交通

韓国の交通費はとても安い!

まず飛行機だが福岡空港から釜山(金浦空港)までは片道4000円で行けた!また旅の途中で出会った日本人の方によると、関西空港からでもLCC(格安航空)を利用すれば4000円台で利用できるらしい!1週間前だと値段は高くなるので、予約は早めに。(ちなみに福岡の博多港からでてる高速船ビートルは12000円と高い!)

韓国市内の移動は、バスや鉄道がオススメ!日本と違ってかなり安く、1500ウォンから2000ウォン(150円から200円)で乗ることが可能。私が釜山からソウルに移動するさいに利用した高速バスも3400円と割安である。(ちなみにバスに両替はない。運転手に自分が払う金額をみせれば、おつりを出してくれる)

観光

釜山は施設内でお金を求めるところは少ない。しかし、釜山もSeoulも「タワー」の入場料は高く、約800円。韓国内でもとくに有名な「ロッテタワー」はさらに値段があがる。『え、800円って普通じゃね?』と思った人は、私がどれだけの予算で旅をしているか想像してほしい。

大体の観光施設までは電車、地下鉄やバスをオススメする。初めはハングル文字が分からず、苦労すると思うが、英語表記や慣れれば意外と簡単に購入、移動できる。

Seoulでは一般的に、漢江川(ハンガン)より北は物価が安いほう(少しだけ)南は開発地が多いらしく、最近急に物価が上がり始めてるとのこと(現地人情報)

Seoulでは世界遺産登録されている宮廷もある。注意点はどの宮廷、廟もとても広いため時間には注意。全部見て回ろうとすると、一日ではとても足りない。

地元の人の生活が知りたいなら、市場などもオススメする。「ナンデムン」や「インサドン」は新しいものが増えつつある通りだ。もともとインサドンは、芸術家たちが使うための「道具」を売る場所だったらしい。今は観光客向けのお店が立ち並んでいる。

ただし、市場や大通りに行くと「声かけ」をやっている人や物乞いしている人たちに何度も会うので注意。何か言われても「No!」と言っておこう。

 

トイレ

韓国を旅行したことあるひとは知っていると思うが、水に流すことは不可能。詰まってしまうので、絶対に流してはいけない。地下鉄の駅などのトイレはそれなりに清潔を保っている(中国と比較すれば)。

しかし、ソウル中心地の新しい施設や空港、駅などのトイレは水に流すことができるトイレが増えてきている!相変わらず、個人宅や公園のトイレは不可能だが、ソウルの最近できた建物、公共施設などでは水に流すことができる場所が増えてきている。トイレ個室内に貼ってあるポスターをよく読むこと。