中国(香港)13日目/22日目

滞在期間を延ばすために香港へ!中国の国の一部であると、思っていたけど全く違った。入国審査と両替をしなければならないのは、本当に別の国である。

深圳駅を「香港↑」と書かれた看板にそって進むと、両替所や免税店が増えてくる。最終的にたどり着くのは、入国審査所。おい、同じ国ではないのか??

このように外国人出国届も書かなければならない。香港から中国に帰る時も同様の記入手続きが必要で、さらに空港と同じで、指紋認証も求められる。

この外国人出国届、本当は泊る宿の住所や電話番号を記入する欄があるが、私は宿の住所は忘れていたため、名前、パスポート番号、生年月日、国籍だけ書いて提出したが、何も言われなかった。こういうところは中国っぽい。

「深圳」駅は中国側で、これと並んで建っているのが「羅湖」駅。ここから電車で、香港駅まで向かう。(中国語表記では紅〇(〇のところには「石」辺に「勘」がくっついた字が入る)駅)

約1時間走って、40香港ドル(約560円)。物価高いなぁ、と感じたのは「水」。コンビニで売っているものは安くて8HK$(約112円)。中国国内なら3元(約60円)で購入可能なのだ。

私はイギリスに行ったことはないので、分からないがイギリスっぽい。(バスとか)そして何より外国人が多い!白人や黒人の人はもちろん、イスラム系(?)と思われる人々もたくさんいる。モスクもあり、みなさんぞろぞろと集まっていた。そこだけ見ていると、「イスラム圏の国に来たっけ?」と錯覚してしまうほどだ。

もちろん高いビル群が多く並ぶ。一階はブランドモノのお店を並べているところが多く、女性にとってはショッピングも楽しめると思う。

中国でも南に位置する香港。まだ6月初めなのに、とても暑い。日本でも30度超えるところは、そろそろ出始めるだろう?日本ならすぐに、自販機やコンビニが見つかるが、ココではそうもいかない。駅の店で水を買っておいて本当に良かった。暑い…

12時に香港についたので、市内をぶらぶら歩いていると、あっという間に夜になった。成都も重慶もそうだったが、中国では夜景が本当にきれいだ。私が見た位置は港のほうで、日本人がよく目にする「100万ドルの夜景」とは少し異なるが、それでもとても綺麗だった。

写真はスマホアプリで載せたほうが画質そのままで奇麗なのだが、いかんせんアプリだと通信が遅いので仕方なくPCから載せている。インスタグラムに投稿するので、そちらも確認。

帰る際は再び同じく、入国審査。黄色の入国届を提出し、香港ドルを元へと両替する。さすがに面倒くさい。それでも、空港で行われる入国審査に比べればかなりスムーズだ。荷物検査もあるが、スムーズにスルーできた。

中国のお店はほとんどが10時には閉まる。コンビニですら10時だ。日本って頑張るなぁ、としみじみ思う。結局、晩御飯は食べることができなかった。

とんこつラーメンが食べたい…..

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です