ベトナムの鉄道からダナンへ

朝10時ごろ、強烈な車内放送で流れる音楽で目が覚めた。

起きてもとくにすることもないので、列車内をうろうろ。

中国の列車よりも、綺麗だと思う。お湯もでる給水機もある(しかし、これは最後に洗浄したのはいつなのか分からないので、私は未使用。ベトナムの人は普通に利用していた)

途中、これが駅なのか?と思うようなところで列車が止まる。

実はベトナムの統一鉄道は、日本で放送された「世界の車窓から」という番組で放送されたことがあるのだ!ひそかに楽しみにしていたことでもある。

途中、海岸線沿いを走ったり、山に向かって列車は走る。高く育った入道雲を背負ってそびえる山は壮観だった。

列車は非常にノロノロ走行。電光表示板をみると時速40kmしか出していなかった。

ひとり、「世界の車窓から、おとどけしまーす」なんて呟いてみる。

列車の揺れは大きいが、とてもゆったりした時間を過ごすことができた。

途中でご飯1パック分が無料支給された。ご飯と甘煮された豚肉でなかなかおいしかった。

6月16日 14時ごろ(予定より30分遅れ)でダナン駅に到着。列車から降りると線路を横切って駅のホームへ向かわねばならなかった。あいかわらず外は暑い….

ダナン駅には出るための改札はなく、改札が設置されているのは列車に乗る時の入り口だけ。そしてここも人で溢れかえっている。

そういえばハノイ駅で切符を買うとき、受付の対応はとても遅い。しかも、他の客が割り込んでくるのだから、相当遅い、待たされる。

切符を買うときは注意されたし。

with GoProで

予約したホステルに向けて歩く。ここダナンも暑い…

高い建物が目立つが、ほとんどが高級ホテル。

ホステルまでの道のりは遠く、そして暑い…

途中で立ち寄ったコーヒーショップ。クーラーはないが、扇風機の風が心地よかった。

そしてなによりコーヒーがおいしい…安いし。

そして驚いたことに、韓国のお店がとても多い…

コンビニや料理店、ホテルなど多くの韓国語表記を見かけた。少し残念だが…仕方ない。

今回泊った宿は300円の格安宿。安いのに、香港で利用した宿に比べればとても綺麗。

ネックはロケーションで、駅からはなれているが仕方ない。写真は16日の晩御飯。250円のチキンライス。ここは本当に韓国のお店が多いので利用することになるだろう…

ホイアンに行きたい..

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です