スネークファームで予防接種!1回目

7月11日 タイ(バンコク)7日目/61日目

しばらくブログをさぼってしまった :(

まぁ、そういうときもあるよね、うん。

さて今日は

スネークファームで予防接種に行ってきた!

「え、なんでタイで受けるん?」

タイの病院で接種受けたほうが安いねん!!!

日本で受ける価格の4分の1で済みます。

そう、めっちゃ安い。したがって旅人、バックパッカーはタイで受ける人がほとんど。

その方法を紹介します。

地下鉄MRTの「Sam Yan」駅から歩いて約5分くらい。

「Si Lom」駅からでも同じくらいです。

旅人、バックパッカーの間では「スネークファーム」という呼び方が一般的。

しかし、実際に予防接種を受ける病院の名前は

Queen Saovabha Memorial Institute」

トップ写真のようにWHOからも何か認定されているらしい…

病院の外観。敷地内への入り口から入ってすぐ目の前に噴水があります。

赤十字病院は、この噴水を挟んで反対側。写真に写ってる白い建物です。

ちなみにこの病院のうしろにヘビ博物館「スネークファーム」があります。

建物に入って、右側に受付がありますが無視。

写真は左側の廊下を映しています。まず….

①受付用紙に記入

 

廊下を映した写真の左側にあるデスクで、

個人情報

訪れる予定の国

「あなた、どんな旅人なの?」

と、2枚の用紙に記入します。

そして右側の用紙の裏に、どのワクチンを接種したいのかを欄にチェックします。

20種類ぐらいあり、ワクチンの名前は全て英語名で書かれています。

事前に自分が受けるワクチンの英語名は調べときましょう。

黄熱病 yellow fever

狂犬病 rabies

日本脳炎 Japanese encephalitis

破傷風 tetanus

予防接種をうけたい 「I want to get vaccine」

腸チフスとかもありましたが、他は自分で調べて…

私は今回、狂犬病だけワクチン接種しました。

黄熱病はワクチンのストックがなかった!(2018年7月12日時点)

したがって、黄熱病の予防接種を受けるために別の病院に行くことになります..

「ここに行ったら受けられるよ!」という病院をドクターが教えてくれたので、探す必要はないです。

その黄熱病ワクチンをうける病院は明日。

というわけで今回は狂犬病だけ。

診察券(?)もらって、血液検査

2枚の用紙に記入したら、廊下の写真で「1」と書かれた部屋に入ります。

入ってすぐ目の前にある受付で、記入した用紙2枚とパスポートを提示。

パスポートを忘れずに!

ここでまず、診察料20バーツをお支払い。

支払いが終わると、こんなのが貰えます。

後述しますが、狂犬病ワクチンを接種する場合は、最初に受けてから1週間後と2週間後、計受けなければなりません。

写真の右下のカードはなくさないように。

これらの診察券(?)をもらったら、すぐ隣の部屋で血液検査です。

血液を採るのではなく、日本でもおなじみの機械に腕を通して、血圧と体温をはかるだけ。

4番の部屋でどのワクチンを受けるか相談

血液検査も終わったら、結果を書いた用紙をもらって4番の部屋へ。(廊下を映した写真をチェック。1の部屋の反対側です)

の部屋に入って、手に持っている書類を提出。

「席で待っとけ!」と言われるので、席に座って待機。

30分くらいして、目の前の部屋から名前が呼ばれます。(今日は人が多かった)

いそいそと部屋に入って、おじいちゃんドクターと面談。

「私はこのワクチンとこのワクチンを受けたいんだ!!」と頑張って英語で説明。

この時、「黄熱病のワクチンのストックは今、ないんだ」と言われました。

「うそだろ…」と初めは絶句。

しかし、このおじいちゃんドクターが別の病院の地図をくれたので、気を取り直す。

15分くらいかけて面談。今回

私は「狂犬病」のワクチンだけだったので、他にもいろいろ勧められましたが、とりあえずお断り。

持ってきた書類に「狂犬病」のワクチンを受けます、という印のハンコが押されます。

おじいちゃんドクターの面談が終わった後、再びおなじ部屋(4番)の受付に行くと、今度は..

「一度、廊下に出て5番の部屋に行ってください」

と言われました。

5番の部屋は、この建物の入ってきた入り口の右側にあります。

そこでワクチン代を払いましょう。(狂犬病は400バーツだった)

払い終えるとワクチンの入ったケースがもらえます。

落とさないように大事に抱えて、再び4番の部屋へ!

注射をぷすっと

ワクチンの容器がいれてあるケースを抱えて番の部屋に行くと、

そこで注射されます。今度はおじさんドクターに慣れた手つきでプスッとされました。

4番部屋の受付に「ワクチンもらってきたよー」と言ってから、5分もかからないうちに終了。

終わったら、同じ部屋の受付で

「次回は〇日に受けに来る」「一度注射したことを表すカード(領収書?)」あと、この病院のカードやら、その他をもらって退出。

今日のぶんは終了!次回は1週間後。

今回の費用は20バーツ(診察料)と400バーツ(ワクチン代)の計420バーツ。

ただ、黄熱病ワクチンは別の病院で受けなければならないので、それは明日行ってこようと思う。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です