スネークファームで2回目の予防接種

7月18日

2回目の予防接種へ

再びスネークファームへ。2回目の狂犬病予防接種である。

もう一度バスを調べなおして向かった。前回のように乗り継ぎがあると面倒である。

↑ 前回 ↑

先人たちのブログによると47番バスならセントラルワールド前まで行けるらしい。

「よし、そこから歩こう!」

カオサン通りの目の前にある大きなストリートのバス停で、47が来るまで待つ。

運が良いことに10分もしないうちに来てくれました。

流石、バンコク中心部に行くバス。人がめっちゃ載ってる…

クーラーのない満員のバスに押し込まれ….

誰かのむせ返るような香水らしき匂いに意識がやられながら、なんとかセントラルワールド前まで到着。

渋滞してたので30分くらいかかりました。

30分の間、意識を刈り取ろうとする香水と戦いました。頑張った。

鼻が良いのもかんがえものだね。

セントラルワールド前から歩いて20分くらい、

2度目のスネークファームに到着。

1回目の前回は、上の写真とは別の用紙に自分の個人情報を書いたのですが…

今回は、上の病院カード(会員カードかな?)ともう1個のカードを、受付に見せるだけでよかった。

もう一個のカードとは…..「狂犬病のワクチンを受けました、次回は〇日だよ!」とか書いてあるカードです。それを見せたら「あぁ、2回目なのね」と相手が分かります。

すまない、写真は撮り忘れた。

1番の受付に入って、カードを提出。「2回目に来ましたー」

なにやら紙をみながら「おかえりー」と日本語で受付のおばちゃんが返事してくれました。

病院で「おかえりー」かぁ….と思ったけど、そこは笑顔で

「ただいまー」と返しとくのが礼儀。

前回は診察料20バーツを受付で支払ったのですが、今回は要求されませんでした。

前と同じく血液検査をして、終わったら4番の部屋へ。

4番では前回と同じ、おじいちゃんドクターと面談です。

人が多かった前とは異なり、今回は人がいなかったのですぐ名前が呼ばれました。

「おじいちゃん久しぶりやね」とあいさつして、2回目の狂犬病のワクチン接種であることを確認。

ドクターが「Rabies」のハンコを書類に押すので、それを受け取って

5番の部屋へ。そこで狂犬病のワクチン代400バーツを支払います。

支払ったら、上のワクチンが貰えます。それを受け取り

再び4番の部屋へ。

4番の部屋でいよいよ注射です。前回、1回目の注射は「まったく痛くなかった!」

しかし

今回はめちゃくちゃ痛かった。おかしい、前回と同じおっちゃんドクターだったのに。

前回はまぐれだったのか??

あの、注射特有の痛さである。歯を食いしばって耐えました。

「いたい?」と日本語聞いてくるおっちゃんドクター。

痛さとさらに睨みつけたくなる衝動をこらえ、笑顔で「I’m ok!」。


注射が終わると、受付で「次はいつ来ればよいのか」確認します。

次は来週ではなく、2週間後です。

「来週じゃダメ?」と聞くもダメだと言われました。2週間後は、タイに滞在できる30日ギリギリなんだよなぁ…

仕方ない1ヶ月のタイ滞在です。

インドネシアの友達に28日に友達の結婚式があるからおいでよ!と言われていたのに..

こればっかりは仕方ない…

タイを観光しつくすしかないね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です