パダンブサール駅からバタワースからペナン島に!

8.25

バンコクからパダンブサールまで寝台列車で来た私。

 パダンブサール駅の2階にあるチケットカウンター。

タイの出国・マレーシアの入国審査を終わらせると、2階に上がれます。

まず、ここで「クアラルンプール行き」の電車はないか、カウンターで確認。

しかし…すでに座席が予約で埋まっている、とのこと…..

が、こんなことは想定済み(事前の予習で把握してた)

そこで、「バタワース駅」行きのチケットを購入。

バタワース行きなら、予約していなくても購入できる。

 上の紙切れが、バタワース行き電車のチケット。

値段、11、40RM(リンギット)⇒約310円

….ここで困った。私、この時タイバーツしか持っていなかった!

このパダンブサール駅、両替所もATMもどこにも見当たらない…

仕方なくチケットカウンターのおばさんに「タイバーツでもよい?」と聞いてみると、

「ok,ok」と言って100バーツ渡して小銭のお釣りが返ってきた。

よかったぁぁ…...一安心である。お釣りの確認はしていない。

 左上の電光掲示版に驚かされた、パダンブサール駅2番ホーム。

いたって綺麗!新しいのかな?

そして….

 マレーシアの国境まで走る電車「KTM コミューター」!!

電車である!綺麗!まじか!マレーシアで走ってるとは思わなかったよ

タイですら、国境まで走るのは「列車」、電車ではない!すげー

 電車内。真新しさが光る綺麗さ。

マレーシアはイスラム教徒の多い国。バンコクと打って変わり、フードを被る女性がほとんど。

そして、このKTMコミューター、女性専用車両もあった!!

すげーな。始めてみる女性専用車両が「マレーシア」になるとは!

電車でゆられること、どれくらいだろうか…

人気観光地「ペナン島」への玄関口「バタワース駅」に到着。

残念ながら、この日はもうクアラルンプールに行くことはできない。

パダンブサールやバタワース周辺は、外国人が滞在するような場所ではない。

しかし、ペナン島は列記とした観光地!ジョージタウンは世界遺産である。

2,3日時間が空いたならペナン島の方が、外国人は過ごしやすいのだ!

ペナン島ならATMも銀行も見つけるのは簡単である。

 上がバタワース駅。

本当はすぐクアラルンプールに行きたかったのだけれども、クアラルンプール行きの電車は本数が少ない上に、座席がすぐ予約でいっぱいになる!

つまり残念ながら数日は乗れないのだ。

そこで次の電車(クアラルンプール行き)がとれるまで、ペナン島で過ごすことにしたのだ!  

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です