コルカタ市内の歩き方 Ⅱ

インド(コルカタ)4日目

今これを書いている夜(26日)に列車に乗ってバラナシに行く。

なにか手違いで、本当は昨日出発の予定だったのだけれども、なぜか今日になってしまった。

無事に行くことはできるので問題なし。

ではでは

コルカタの食べ物

 ラッシー

日本でも人気のヨーグルト飲み物。写真はマンゴーラッシーで、甘さよりも酸味の強いさっぱりした飲み物。

蒸し暑いインドではオススメの一品。値段は25ルピー(39円)~30ルピー(47円)と激安!

屋台でもよく売られているが、チャイと違って加熱はしないのでお店はある程度選ぶべき。

どの屋台でも同じだが、大きいお金で支払うとあっちが(おつりを)持っていない可能性が高いので …

値段ぴったりか、小銭をいくらか用意しとくべき。

 モモス(momos)

いわゆる餃子だ、これ! 具を皮でつつんで油で揚げたもの。見た目は餃子そっくり!

ちなみに上のモモスはデザートっぽくされたもの。普通のモモス、ではない。

普通のモモスは餃子だ。玉ねぎとねぎ、鶏肉ミンチの具がなかに入っている。

値段は120ルピー(187円)くらい。上のデザートモモスは1個30ルピー(47円)である。

 ロール

タコスのようなもの。小麦粉を煉った生地に具を挟んで丸めて食べる。

 具がいたってシンプルで、玉ねぎに青トウガラシ、鶏肉とソース。

私は辛いものは苦手なので、青トウガラシとソースは「かけないで!」とお願いした。

ケチャップだけでも充分。ちなみに、インド人たちが夕方5時ごろ食べる「スナック」とは、主にこのロールのことをさす。

男の私でも、1個で充分お腹が満足する。これをスナック感覚でたべるのだから、当然でっぷりとした肥満体型ができあがるはずである。

値段は40ルピー(62円)~50ルピーくらいでコスパ最強である。

私は昼飯だけでなく夜も良く食べ、コルカタでは本当にお世話になった。

ロールは基本的に屋台でしか食べられない。

  カレーとナン

インドと言えば、これだろう!

スパイスの聞いたカレーともちもちした食感が楽しいナン!

スパイスの効いたカレーは少し辛いが、それでも美味しさが勝っている。

ナンにつけて食べるとなお美味しい   : )  ナンはいくらでも食べたくなるが何故か1、2枚でお腹いっぱいになってくる。

「おかわりいかかがですか?」といってくるが結構ボリュームある料理。

でもやっぱり美味しいのだ!

値段は150ルピー(233円)~200ルピー(311円)

カレーもナンも種類がたくさんあるので、値段は幅広い。

詐欺師対策

 ゲストハウスのオーナーさん曰く、デリーに比べるとコルカタは詐欺師の数は少ないらしい!

まぁ、それでも道路を歩いていれば遭遇します。

日本語を話してくるインド人は少ない。英語で「hello!」と言って話しかけてくる輩が多い。

どこに行くの?どこ出身?

いろいろ聞いてくるが完璧無視が一番。

「japanese?」と聞いてきたら私はchineseと答えるようにしているし、どこ行くか聞いてきたら「police」とだけ言ってその場を去る。

ポリスと返事してもついてくるので、やっぱり無視することが一番良い対策。

日本語で話しかけてくるインド人に話すことはなにもないよ!

もし、彼らに同情して会話してしまったら終わりだ!と思え。

ここは日本ではないのだ。

もしインド人と会話したかったら、お店の店員さんが良い。

屋台ではなく、ある程度しっかりしたお店の店員さん。英語を話せる人は少ないが、聞いたことは返事してくれる。

クリケット

 世界第4位のスポーツ人口を誇る「クリケット」

インドでは大人気スポーツで、コルカタにも大きなスタジアムがある。

私も試合を観戦したくて行ってみたものの、この日は大雨と雷がなっていて警備員に「今日はダメだ」と言われた。

しくしく泣きながら帰った。

スタジアムはとても大きいので一周するのは時間がかかる。あきらめて河を見にいくか、引き帰った方が賢明。

しかし、街中でもクリケットを見ることができる(時もある!)

よく子供たちがほそーい路地で、クリケットをやっているのだ!

よく家の壁や車にボールをぶつけているので、日本だったら問題になりそうだがここはインドだ。

道路を歩いていると、よく足元にボールが転がってくるので気を付けて!

タクシーとリキシャ―

 写真はちょっと違うけれども、コルカタ市内には写真右側のような黄色タクシーリキシャーと呼ばれる三輪車が多く走っている。

ちなみに私は1度も利用したことがなく、毎日歩いている。

タクシーやリキシャ―でよく聞く問題が、乗車したときに交渉した値段と降りるときに要求される値段が違うこと。

値段がいつのまにか高くなっているときに「No!」とはっきり言える人は大丈夫だろう。タクシーに乗る前に運転手が言う値段をわざわざ動画で撮って証拠にするつわものもいた!

コルカタは基本的に渋滞していて時間がかかるのは当たり前。クラクションの音が聞こえない日なんて無い。

私は言い争うのが面倒なので、歩くことにしている。渋滞に巻き込まれる心配もないしね


さて、今日は列車の旅です。

牛さんに会いにバラナシに向かいます

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です