韓国(釜山)4日目「海東竜宮寺」

今日もニックと、昼過ぎから出かけた。

目指したのは「海東龍宮寺(Headong Yongungsa Temple)」というお寺。釜山の中心部からは少し離れており、地下鉄とバスを乗り継いで行く必要がある。地下鉄とバスを合わせても250円くらい。

名前からも想像できるが、このお寺は海に向かって建てられている。建てられたのは1376年というのだから、とっても古い。日本でいう1300年代はいつの時代だろうか…?

大きなお寺の中に一体の仏像が建てられている。日本の寺社仏閣と違って撮影はOK。なかには熱心な信者(?)らしき人たちが、何度も頭を地面につけて、お参りをしていた。それは日本人が行う作法とはまったく異なっており、むしろイスラム教徒が行う礼拝の作法に似ていた。

 

ニックに「何か宗教を信じているか?」と聞かれたが「I don‘t believe」と答えた。「なぜ?」。なぜだろう?深く考えたことはないし、必要だと思ったこともない。祖父や祖母が信仰しているのは「そういうもの」だと、なんとなく思っていた。

ニックも信じていないらしい。「フェイクだ」と言っていた。アメリカでも宗教を信じる若者は少ないらしい。日本と同じで減ってきているのだ。

この「宗教」については新しくページを作って書こうと思うが、技術が発達するにつれて、人々は「宗教」を必要としなくなっているのだ。

さて、龍宮寺に話を戻すが、とても綺麗な景観を作り出している。きっと日の出も見事だろう。

写真のように頭の上には色鮮やかな風船(?)が並べられている。風が吹くと、紙と紙のこすれる音がして、趣を感じることができる。いい1日だった。

釜山にはあと1日滞在するつもりだ。がんばって動画を作ろうと思う。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です