韓国(Seoul)8日目

19日は、本格的にソウル市内を観光。

昌慶宮(チャンギョングン)、宗廟(チョンミョ)、景福宮(キョンボックン)、南大門市場(ナムデムンシジャン)など。がんばって歩き回った。

宮や廟はとっても広い。「宮」が家で「廟」がお墓?だっただろうか。一つの建物を見て回るだけで足が疲れた。

しかし建物を含め公園内はとても綺麗だ。一緒に見て回った友達のホンビンによると、韓国の庭は手を加えずに、そこにあるものを、そのまま庭の一部として残し「自然」を表すという。日本の庭は、外から岩や木々を持ってきて、池をつくり「自然」を表す。

日本と韓国の昔の建物で、大きな違いがあるわけではないと思う。しかし、よく見てみると瓦の形や組み方であったり、天井に装飾されている複雑な模様など、日本には見られないものを多く見つけることができる。

日本には綺麗な庭がたくさんある。しかし韓国のチャンギョングンなどの大きな広場や庭には圧倒される。

有名なところだからこそ外国人もまた多い。ロシアやヨーロッパ系が特に多く、アメリカ人も多かった。日本人はほとんど会えなかった。まぁ、一般的には休みでもないし、働ているか学生しているか、だろう。

外国人には声をかけやすい。Are you japanese?と聞いてくるし、「私は日本に行きたい」と言ってくれる人も多い。

さて明日いよいよ韓国最終日である。友達のホンビンと見て回る。私の一か国目が終わるのだ。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です