中国(北京)1日目/10日目

いよいよ韓国から中国に移動した。そして初っ端からやられた。

韓国、金浦国際空港より中国、首都国際空港へ。初の海外空港から海外空港への移動であり、韓国の金浦空港で足止めをくらった経験があるので、いつ捕まるだろうか、と心構えだけはばっちり準備していた。

しかし、あっけないほど保安検査、入国審査、荷物検査が簡単に終わった。旅の先人たちのブログを見ると、「バッテリーがー…」「ビザがー…」と苦労されていたので、逆に不安になる。私はビザは取得していなかったので、何か言われるだろうなぁ、とは考えていたが…

何も言われず、普通にスルーできた。やったぜ

問題は空港の外だった。タクシーのキャッチ(?)がとても多い。さっき断っただろう、という人も声かけてくる。なんとかかいくぐり、地下鉄で北京中央に向かおうとした。

中国では国内であろうと、電車・バスに乗る前は「荷物検査」が行われる。おそらく全箇所で行われてるわけではないかもしれない。しかし、すくなくとも「首都国際空港」の地下鉄に乗る場合は、検査を求められる。私がやられたのはココ

検査をするのは当然「police」。ならその近くにいる人も「police」の仲間なのだと、私は思った。

違ったのだ

荷物検査が終わったあと、(仲間?)女性に声をかけられたのだ。「どこに行くんだい?」。スマホで地図を示すと、その女性は自分のスマホで何かしらべ、なんと、目的地にたどり着くまでの電車やバスを教えてくれたのだ!

そこからが長かった。

電車やバスを教えてくれたあと、今度はその金額を英語(?)で言ってきた。そしてそのあと、「タクシーのほうが安い」と言ってきたのだ。

もちろん、中国に渡る前に何が危険で危ないのかは調べた。その中にはタクシーに注意しろ!と書いたサイトもあったので、空港前のタクシーは断ってきたのだ。

結論から言って乗ってしまった。実はこのタクシーに乗る前に、銀行のことで私は悩まされていたので、この女性に対して判断が鈍ってしまった。

350元。タクシーの値段である。相場が分からないので、高いのか安いのかも分からない。しかし350元を日本円に換算すると約6100円。あとで調べて分かったが、地下鉄を使えば25元(435円)だったのだ。

そしてさらにお金は、最初に教えてくれた女性に払えばよい、と言われたので100元札を4枚渡した。小銭は持っていなかった。その女性は「タクシーの運転手には払わなくてよい」と言ってくれた。なんと優しい人だろうか!そこでタクシーは出発した。車の中で「スピードだすなぁ」と思っていると、ふと思い出した。

あれ?おつりは?

……もちろん運転手にも言った。しかし、英語が分からないらしい。何をいっても中国語で返事が来る。「400元….嘘だろ….約7000円…」。車の中で頭を抱えた…初日から不味すぎる。

そしてこれはもちろん中国にわたる前から分かっていた「金盾政策」。とても厳しい情報統制だ。google,Twitter、Facebook、LINE、その他もろもろ(youtubeもか?)使えないのだ。インターネットはBingかyahooが使えるが、とても遅い。Bingにいたっては中国語表記しかない。

今必死でVPNを調べている。

Bingでgoogleを検索した結果、赤文字で表示される。もちろん開くことは不可能だ。

今、やっと外国に来た!という気分である

韓国がいかに過ごしやすかったのかを知る。いや、本当におもしろい。中国の人々は、少なくとも日本や韓国の人がもつ、いわゆる「情報」とはまったく異なる「情報」を得る、もつ環境で暮らしているのだ!私たち日本人には到底、想像できない暮らし方だ!SNSは人々の距離を格段に短くした!中国ではどうなのだろうか。

明日の夕方は中国の友達が紹介してくれた友達に会う予定なので、ぜひ色々聞いてみたい。明日から節約生活を頑張ろう、と思う。

追記

おそらく、これを見てるであろう、私の父母へ。あなたの息子は無事に元気していますので、コメント欄に長く書くのは控えてほしいです。

5件のコメント

  1. 今後タクシーには気をつけてね!
    それかジャイロ1台かしてあげる!1度 japan に戻っておいで!(笑)

  2. 普段では考えられないような問題に直面してしまう…
    バックパッカーならではの体験ですね!
    私が学生のころに行った某諸国の下町では、全裸逆立ちがはやっていると嘘を言われ恥ずかしい思いをした経験があります。
    こんなものはまだかわいいものかも知れません。危険なことに巻き込まれないよう気をつけてくださいね!

  3. 「とれるヤツからはとる」
    「言葉の分からないヤツからはとる
    「日本人からはとる」
    「払ってくれなければゴネる→公安へ」
    ・・・・。

    仲良くなれば友達付き合いできるけど、これが大半の中国人です。

    ※それから諸外国では生水は飲まないように!

  4. 中国にある程度の日数滞在する気ならガイドを雇った方が得かも知れません。言葉が通じなければ全て相手の言い値になる可能性があります。別の手段として、お金を払わなければならない時、「ディスカウント」の一言を言ってみて下さい。(自分が納得するまで!)ほとんどの場合は安くしてくれます。何事も交渉です。

とっこうやろう にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です