ホーチミンを観光!驚きのベトナムだった!

ベトナム(ホーチミン)14日目/43日目

「丸亀製麺を発見!迷うことなく昼飯に!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼ごろから行動を開始。お昼ご飯(兼、朝飯)を何食べよーかなー、とベンタイン市場周辺をブラブラしていると….

丸亀製麺を発見!Japanese UDON!!

おもわず入ってしまった私。中国や韓国、ベトナムでも「麺料理」は食べてきたとは言え、

うどん!は約1ヶ月ぶり!!しかし、ここはベトナム…

はたしてどんな「うどん」が出てくるのか….と思っていたら、

日本で食べていたものと何ら変わらない美味しい「うどん」だっ!

注文したのは普通の「釜揚げうどん」、60000ドン(288円)

安っ!でも味は日本のものと一緒。一番感動したのは、麺の味が同じだったこと。

旅してきた国で色々な麺料理を食べてきた。やっぱり使っている小麦などが違うのか、麺の味はそれぞれ変わってくる。ベトナムの麺料理「フォー」も独特の麺の味だった。

しかし、ここMARUGAMEのうどんの麺は日本で食べてきたものと全く一緒だった!

もしホーチミン市で日本食が恋しくなったら、探してみてください。うどん以外にも日本風居酒屋や寿司屋もありました。

人々の活気が集まるベンタイン市場へ!

ホーチミン市の名物の1つ「ベンタイン市場」に潜入してみた。

下から上まで大量に積まれたバックや衣類。本当だったら「もっと高いんじゃないかな?」って思うようなコーヒー豆の数々。

「いい匂いするなぁ」と思ったら、すぐ隣で串に刺した肉を炙り焼くおばちゃんたち。おもちゃと思われる飛行機が舞う天井。

「魔界に来たんだ、俺」足を踏み入れた時、そう思った

ダナン(danang)でも市場に行ったけれど、こちらの方がさらに大きい。【その時のブログ

通路はとても狭い。人が一人通れる広さだ。

市場の中心を横切る太い通路から網の目状に枝分かれしていく通路。どこからどこまでがこのお店の商品で、どこからがあのお店の商品なのか分からない。

値切り交渉ですが、最初の値段提示のあと「やっぱり買わない」と言って去ろうとすると、腕をつかんで「あなたの値段でいいよ」と言ってきます。ココでは買わなかったけれど。

衣服はアオザイやその生地も売っています。他には化粧品とか洗剤とかも。

「コーヒー豆買ってみようかなー…」と一考してみたけれど、結局買わず。豆を煎ったりドリップする機械がない。コーヒーが飲みたくなったら、HIGHLANDS COFFEEに行きましょう

人々の活気、というより「売ろうとしてくるおばちゃん達の執念」を凄く感じます。

ぜひ行ってみて。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です