シェムリアップからタイ、バンコクへ!~バス旅~

カンボジア(シェムリアップ)→タイ(バンコク)1日目/55日目

シェムリアップからバンコクへ。バスによる陸路国境越えを決行した

その方法を紹介しよう。

シェムリアップのツアー会社でバスチケットを購入

前日に、【バンコク行き】のバスチケットを購入した。

左が私がチケットを買った旅行代理店。右が、選んだバス会社。

2つ旅行代理店が並んでいます。写真のお店は「大きい通り」に面している方です。

バスの便数はいくつかあるらしいのですが、私が行ったときは朝8時の便しかない!

と言われ、「まぁ、いいか」とチケットを購入。

気になる値段は…..15ドル!!!

最初は私が宿泊している宿でバスをお願いしようとしたのですが32ドルだ!

と言われ「あれ、思ったより高い….」と感じた私。

その場では断り、いくつかのツアー会社を巡りついに発見!!

約半分の値段!これはでかい。ナイス俺。よくぞ見つけた。ほめてつかわす。

出発の日の朝、ピックアップに来てくれることを確認してホテルに戻る。

ピックアップが来ない....!

次の日の朝

「7時~7時45分の間に迎えに行きますよー」と言われていた私。しかし…

8時になってもピックアップらしき人は来ない….

ホテルのスタッフに事情を説明し、あらかじめもらっておいた電話番号に、代わりにかけてもらった。

(バスチケット買わなかったのに、ありがとう!)

「もうすぐ来るらしいよ!」←スッタフがそう言う。

「すぐ」っていったい何分くらいまでのことを言うんだろう…

そんなことを考えていた私。8時10分くらいにピックアップが来てくれました。

ホテルスタッフに「ありがとう~!」と手を振ってさよなら。

いよいよバスに乗って出発~

 上が私が利用したバス(撮った場所は、イミグレの駐車場です)

2階建てでWifi利用可、水(500ml)1本が貰え、トイレ付き。

素晴らしいバスだった。欲を言えば、私の後ろの席には人が座っていなかったので、自分の座席を倒したかったが、レバーが壊れてしまっていたのであきらめ。

大きい55ℓバックパックを下に預け、25ℓ赤リュックだけ持ってバスに乗る。2階の空いている席に座ったとたんに出発した。

どうやら私が最後の1人だったらしい。なんだか「ごめんなさい」という気持ち。

出発は8時20分ごろ。

イミグレ到着!

11時過ぎごろだったと思う(たしか、それくらいの時間)

タイとカンボジアの国境(イミグレ)に到着。

ココからが少し大変だった。

まず、バスから降りて上の写真「カンボジアの出国手続き」を済ませる。

その場でパスポートに挟んであった「出国届(カード)」に急いで記入。

名前、生年月日、国籍、パスポート番号、性別だけ書いて面接官に提出。

どこに滞在したのか?(住所)を記入する欄がありますが、空欄でも何も言われません。

入国時同様に、指紋を採って無事にここをスルー。

カンボジア側の出国審査を終わらせて、今度はタイ側のイミグレに向かって歩く。

道を教えてくれるバス会社の人はいません!ここは観光客、自分たちで行かなければならない!

しかも、カンボジア出国検査の建物を出てすぐに近くに、タイのイミグレがあれば良いが…

タイのイミグレまで、500メートルくらい歩かなければならない!

ちょっと離れてる!なんでや!?

同じバスに乗ってた観光客の人たちと協力していきました。

ここがイミグレか??と思って入ったらカジノでした!

頑張って歩いて…..

 奥に「タイの王様の肖像画」が見えてきます。ここまで来たらイミグレまではあと少し。

 道路むかって左側にタイ側のイミグレがあります!

この写真の奥の階段を登った2階で【入国検査】です。

バスの中でもらったタイ入国届(カード)に急いで記入。

どこに滞在するか(住所記入欄)、電話番号などはもう空欄のまま提出。

面接官には「どこに滞在するのですか?」とだけ聞かれたので、【Booking.com】アプリの今夜泊る予定のホテルの住所を見せ、その場でカードに書きかき…

無事にスルー。

日本人なら30日以内の滞在(観光目的)はビザは必要なし!

世界でも指折りの最強日本国籍パスポート。

世界に貢献してきた日本の偉人たちに感謝しなければ。

 1階におりてちょっと進むと今度は荷物検査。簡単にスルーできました。

ここを出て、すぐのところに目視による検査場(?)も通ったのですが、

検査する役人さん方はずっと椅子に座ったままで、簡単にスルーできます。

「仕事しろよ!!」とツッコみたくなる、それくらい緩いです。

ここからまた大変だったのが乗ってきたバス探し。

「いったい、どこに行ったんだよー..」と愚痴りながら歩いていると、

荷物検査から少し歩いた先の左側駐車場で発見。

乗客全員乗ったところで再び出発。この時確か12時30分くらい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です