カオサン通りの夜

タイ(バンコク)9日目/63日目

つながりの悪いWifiとともに…

昼間、宿で出会ったコロンビアから来た、という女性や韓国から来たという大学生2人組とだべっていた。

今、思うと韓国はかなり治安が良かったと思う。ぼったくりもないし、ごはんも美味しい。

いや、タイの屋台料理もおいしいけれども!

この付近で夜、1人歩きをするのはバーに行くか、女性を買いに行く人くらい

バンコクで会った日本人のほとんどの方に「〇〇のお店」がいいよ!と言われる。

申し訳ないが、これから先のことを考えるとそういうことにあまりお金を費やしたくない。

カオサン通りには少ないけれども、セントラルワールド付近といったバンコク中心街にはたくさん、お店がある。

私が通うのはもう少しダンディーになってからにしようと思う。

「若造には早すぎるぜっ!」ってね。

夜の王宮。もちろん、中には入れないが外を歩くことは可能。

外を歩いてたのは23時くらい。その時間でもトゥクトゥクのおっちゃんドライバー達は声をかけてくる。

「ご苦労様です」なんて思いながら、足早にさる。日本では「残業!残業!」と問題視されるけれども、ここのおっちゃん達も残業を頑張っている。

カンボジアのシェムリアップでは深夜2時まで頑張るおっちゃん達を見かけました。

私?バーでイングランドから来た日本人大好き青年とサッカー見てました。

このイングランド青年が「私のために良かれと思って」、シアターの前に陣取っていたベルギー人たちに「見えないだろっ!どけよ!」と抗議の声をあらげた時は、肝が冷えました。

なんせ両者ともめっちゃお酒を飲んでいる。

イングランド青年は「俺はマンチェスター生まれなんだぞ!」とか言ってテキーラを怒涛のごとく流し込んでいた。

彼がおごってくれたので私も飲んでました。意外とおいしかったことがビックリ。

テキーラをのんで、ライムを噛むのは楽しい。

しかし、イングランド青年とベルギー集団が言い争いし始めたときは、流石に酔いがさめた。

Hey,stop!stop!

なんて言いながら、止めに入った私。ちょうどその時、ベルギーがゴールを決めてくれたおかげで胡散霧消しました。

そのあと、1人勝手に帰ってしまったが、彼は元気にしているだろうか。

 

来週18日に2回目の狂犬病ワクチンを受ける。

最初、注射をめっちゃビビってたんだけれど意外と痛くなかった!

私が大人になったのか、注射を受けた左腕がたくましかったのか。

明日はパタヤに行きます。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です