パルテノン神殿・アクロポリス観光日記

ミコノス島から帰ってきた後、アテネ市内を観光するために2日間滞在した。

正直2日間では足りなかったなぁ~、と今では少し後悔気味。

仕方ないんだ。ヨーロッパでは少し足早に行動する予定なのだ。

して今回は「万里の長城」と同レベルで誰もがご存知の世界遺産…

アクロポリスのパルテノン神殿旅行記を書こう。

チケット売り場でチケットを購入するが...

 写真の奥にも列ができるほど、並ばないと購入できません。

朝10時くらいから並び始めたけれど「時すでに遅し…」な状態だった。

まぁ言い換えればそれだけ有名な遺跡スポット…なんだろうけど

ここで並んで時間を使いすぎるのも嫌だなぁ….

とは思いつつ私も列の一員に加わって待った。

予想よりもすぐにチケットカウンターまでこれた。約40分くらい….

40分を早いと思うか遅いと考えるかはあなた次第だ!

さて気になるお値段は…

パルテノン神殿と付近の遺跡観光チケット….20ユーロ

アテネ市内のいくつかの遺跡や美術館観光チケット….30ユーロ

うん…..30ユーロチケットを私は購入。

ていうかネットで事前調べしたときは「15ユーロ」って書かれたのに…

とにかく値上げされてしまったものは仕方ない。アクロポリス以外の遺跡にも行きたいので、

30ユーロチケットを購入した。

チケットカウンターの横にパルテノン神殿に行くゲート(改札口)があり、そこでチケットのバーコードをスキャンして入場する。

パルテノン神殿が建てられているのはアクロポリスの「」だ

つまり坂を登らなければならない。

これが思ったよりもきつかった….。運動不足?

いやでも、旅を初めてからほぼ毎日歩いてるよ….

となりのおばちゃん、おじちゃんが辛そう…と思いきや、

私よりスイスイ登っていくから驚き。負けてられん‼!

てくてくついて行きました。

いざ、パルテノン神殿へ

パルテノン神殿は市内を一望できるほど高い丘の上にある…..ので

同じく頑張って坂を登らなければならない。けっこうきついっス。

上の写真はパルテノン神殿の入り口。ここまで頑張って登ってきた同志たちが階段で休んでいる!

ココにはめっちゃ人が集まっていました。階段で休むのはもちろん、

この後ろにはとっても広いアテネ市内をのぞむ景色がひろがってます。

さて、私も休憩はほどほどにいざ!神殿へ、最後の階段を登る….

 ぱ、パルテノン…..?

え、あれ、まさか…..

「工事中」

うっそやーん…。まさかの補修工事中。前と中身に鉄柱と重機が貼り巡らされていた。

ちょーっとショック。ま、気を取り直して神殿周辺を歩く。

何度見てもやっぱり工事中。こればっかりは仕方ない….よね?

神殿の中にも入ってみたいけれど、大きな重機がひっきりなしに動いていた。

どうやってそこに入ったん???

神殿は360度、石の柱が建っている。教科書で習った!

写真は神殿のものではなく、入り口に建っていたモノだけど、同じ建築スタイル。

柱が上に向かっていくほど細くなって、根本が最も太い建築様式になっている!

自然と下から見上げるかたちになるので、さらに柱の上の部分が細くなって見えた。

昔の政治家たちがここで政治を行っていたのか….。

権力を示すには充分すぎる立地。下を見下ろせば市民がくらす市内だもの。

それにしても紀元前にできた建物だとは思えないほど、精巧な建物。

削るのが難しい石を、どうやって機械なしで上手く彫刻したのか…

まさに世界遺産。

パルテノン…ではない神殿の内部。

パルテノン神殿のすぐ隣にある「エレクティオン」と呼ばれる建物。

神話上では女神アテネとポセイドンが戦ったとされる場所。

こっちは工事中ではなかったので、パシャパシャ撮った。

もちろん、神殿内には入ることはできないので外からの撮影のみです!

 

 

 

 

 

工事中の神殿を横から。

恐らく工事中ではなくても、中には入れんだろうなぁ。

そしてパルテノン神殿から離れ、来た方向とは逆の道を下っていくと….

イロド・アティコス音楽堂

祝日や祭日には、劇や音楽祭が行われるらしい…

一度でいいから、あそこに座って観てみたい‼

ここも工事中のため入ることはできず、上からの見学のみ。

工事中ではなくても、入れないかも。

紀元前にできたこの建物と現在の音楽ホールの建物がほとんど同じ形に建てられていることを考えると…

紀元前のアテネの政治家アディコスさんが、死んだ妻との思い出として建築したらしいです。

凄い思い出だな….

アディコス音楽堂からさらに下っていくと….

ディオニュソス劇場

さっきの音楽堂と比較すると、少し小さめ、されど立派な劇場。

なんでも世界最初の劇場なんだとか。

ここでは石段に座ることができるので、坂を登ったり下ったりするのに疲れた人は休めます!

⁂要日傘。

このディオニュソス劇場からさらに下っていけば、最初に入ったゲートにたどり着き「出口」となります。

 

 

 

ハドリアヌスの凱旋門とゼウス神殿

奥の石造の門が「ハドリアヌスの凱旋門」

凱旋門ということは、何かしらの戦に勝利し、その記念に建てた門であるということ。

ちなみに手前のコーヒーは「ギリシャコーヒー」2ユーロ

粉っぽさが強く、残りが少なくなるにつれて粉っぽさがまし、最後はとても苦く、粉です。

正直最後まで飲むのはツラい。ベトナムコーヒーがNo.1!!

そしてこの凱旋門を左に曲がって少し歩くと…

柱の高さだけなら、パルテノン神殿よりも上。

「ゼウス神殿」

ちなみにココは入場口があり、チケットを購入しないといけない。

私は最初にパルテノン神殿に行った時に30ユーロの複合チケットを購入していたので、

チケットカウンターはスルーして入場することができた。

世界最大の神殿となるはずだったゼウス神殿。紀元前に建築が始まるも、

放置されたり王様が追放されたりして2世紀に完成。

歴史の数ある戦で破壊され現在の状態に。

世界最大の神殿(予定)だったのだから、もしかしたらパルテノン神殿よりも有名になっていたかもしれない…

横からみたアクロポリスの丘とパルテノン神殿。

いかに高いところに建てられているか分かるね!

次は「船でイタリアに行った」話です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です